虫歯を予防するためにできること

>

歯をバリアする働きがある

フッ素の持っている効果

フッ素は、歯の再石灰化を促して歯質を強くする効果を持っています。
このフッ素を歯の表面に塗ることで歯が丈夫になるだけでなく、バイ菌や汚れが付かないように守ってくれます。
子どもの虫歯予防に欠かせないので、歯医者に行って塗ってもらってください。
1回フッ素を塗っても、時間が経過すると効果が失われてしまいます。

効果が無くなってきたと思ったら、再び歯医者に行きましょう。
定期的に歯医者に行くことを習慣にすると、口内の様子を医師にチェックしてもらえるメリットもあります。
すると仮に虫歯になっていた場合でも、早期発見と早期治療ができるので悪化することはありません。
子どもに与える精神的な負担も、肉体的な負担も減らせます。

市販品でも塗ることが可能

ドラッグストアに行くと、たくさんの歯磨き粉やマウスウォッシュなどが販売されていることに気づきます。
その中にフッ素が含まれている製品があるので、子どもの虫歯予防を心がけている人は購入してください。
フッ素入りの歯磨き粉やマウスウォッシュでも、使い方は特に変わりません。
普段通りに磨けば良いので、簡単にフッ素を歯に塗ることができます。

特に寝る前の歯磨きは念入りに仕上げ磨きして、フッ素をしっかり塗ってください。
1日の中で、夜の寝ている間は特に虫歯菌が繁殖しやすい時間帯です。
そのため夜の歯磨きを怠ると、すぐ虫歯になってしまいます。
歯磨き粉やマウスウォッシュを買う時はよくパッケージを見て、フッ素入りであることを確認しましょう。