虫歯を予防するためにできること

フッ素塗布や仕上げ磨きなど子どもの虫歯予防方法を教えます

歯磨きを徹底しよう

親が仕上げ磨きをするのは、子どもが幼児の頃だけで良いと思っている人が見られます。 しかし意外と歯磨きは難しく、小学校に入学してからもうまく磨けていない子どもが多いです。 特に永久歯が生え揃う時期までは、仕上げ磨きを続けてください。 それが、子どもを虫歯から守る方法です。

どのくらいの年齢までするのか

人間は、5歳ぐらいになるまできちんと歯を磨くことはできません。
ですからまだ小さい子どもがいる家庭は、親が仕上げ磨きを行ってください。
必要であれば、9歳ぐらいまで仕上げ磨きを行っても構いません。
6歳から9歳の間は、乳歯が永久歯に生え変わる時期です。
ですから、普段以上に歯を磨かなければいけません。
歯と歯の間や歯の裏側など、細かい部分を重心的に親が磨いてあげましょう。

虫歯を予防するためには、フッ素を歯に塗るのが良い方法です。
歯医者で処置してもらえますし、フッ素が含まれている歯磨き粉などを使い、自宅で対処する方法があります。
最も良いのは定期的に歯医者に行き、フッ素を塗ってもらいながら、自宅でも市販品を使って虫歯を予防する方法です。
歯磨き粉やうがい薬、マウスウォッシュを購入する際は、フッ素が含まれていることを優先して選択しましょう。

小さな子どものおやつは、糖分があまり含まれないものを選んでください。
小分けにしたおかずや、おにぎりなどが良いでしょう。
糖分がたくさん含まれているチョコレートやクッキーをおやつにすると、口内に汚れが溜まってバイ菌が繁殖してしまいます。
また食後に歯を磨くことを、小さい頃から習慣にさせてください。
すると大人になってからも、習慣がずっと続きます。
朝、昼、晩の食事以外に、間食をした後も歯を磨くよう子どもに促しましょう。
何度も歯を磨くのが面倒にならないよう、間食は1回に済ませてください。

おすすめリンク

歯をバリアする働きがある

フッ素を歯に塗ることで、汚れが付きにくくなるメリットを得られます。 虫歯予防に欠かせない存在なので、フッ素の力を借りてください。 歯医者に行って塗ってもらっても良いですし、市販の歯磨き粉などを使う方法もあります。 2つの方法を併用するのもおすすめです。

糖分をできるだけ控えよう

虫歯菌は、主に糖分をエサにして繁殖します。 ですから甘いものを食べると虫歯になると言われているので、子どもに与えすぎないでください。 子どもには毎日おやつを与えると思いますが、その時も甘いお菓子ではなく、ご飯のおかずや野菜を与えるのがおすすめです。